• 介護に関する保険ソフト

    公的介護保険では、様々な情報の収集が必要不可欠です。
    利用者の個人情報でも病歴や収入といった非常にデリケートなものも扱います。


    したがって、こうした情報を管理することなども含めて保険ソフトの利用が必要不可欠です。

    また、在宅介護の場合でも施設介護の場合でも、ケアプランがついて回ります。


    介護をどのように行っていくのかなど、また家族の関わりはどうかといったことまで把握しているものです。



    保険ソフトの利用で、契約書及び重要事項説明書、ケアプランを始めとした様々な書類が必要になってきます。
    書類だけでも非常に膨大になりがちな制度です。

    OKWaveの詳細情報を掲載しています。

    こうした書類の作成を行うのは主には事業所側ですが、一般的には手書きで処理をすることはまずなく、保険ソフトなどの専用のものを利用して対応に当たります。
    ただし、この保険ソフトは民間主導で導入されているものですから、開発した業者ごとで微妙に様式が異なることもよくあります。



    利用する側は、こうした違いがあることはよく知っておかなければいけません。

    このとき、様式の違いよりもその書類の意味するところは何かを把握することの方が重要です。


    特にどの書類も疎かにしてはならないものだけに、それぞれの意味するところの把握をしっかりと行っていきます。

    もし不明瞭な点がある場合には、提供者側である介護保険事業者に対して説明を求めなければいけません。分からないままに利用がスタートすることは避ける必要があります。